サンクスギビングディナー

サンクスギビングから一夜明けました。

サンクスギビングデーとは、みんなで食べ物を分かち合いましょうという日。
歴史的には、1600年代に、イギリスから上陸した巡礼者さんたちが
アメリカンインディアンから酪農を教わり、秋に収穫祭りとしてをみんなでありがたく
ごちそうを食べたのが始まりとか。

現在はサンクスギビングデーはターキーでお祝いというのが一般的ですが
1600年代、ターキーで祝ったという記実はないそうです。
おそらく狩りでしとめられる野鳥などにターキーが含まれていたんでしょう。




さて、ここでひとつお笑いネタ。
我が家での実話です。

Live to eat = ”食べるために生きる”主義の我が家ですので
国家公然と食べられるサンクスギビングは一大事。
わたしは足掛け3年目のなんちゃってアメリカ居住者ですが
いっちょまえに、ネットや雑誌でメニュー検索して待ちこがれる日なんです。

夫ともメニューについて話すこともありました。
彼も楽しみみしているようでサンクスギビングの思い出など語ります。

そして、先週あたりの会話・・・・・・・・



わたひ:  サンクスギビングは何日間休みなの?

だんな:  さ〜・・ とりあえず当日は祭日なはず

わたひ:  連休なの〜、今年は?

だんな:  どうだっけ? 25日って何曜日?

わたひ:  日曜だと思うけど・・・

だんな:  じゃあ連休じゃないな。ふつうどおりだ


アメリカ在住の方は意味がおわかりだと思います。

勘違いに気づいたのはなんと20日火曜日。

わたしがふと、ブラックフライデーセール(サンクスギビング翌日の大大セール日)のことを考えて
”待てよ・・・フライデーセールってことは・・・・????+++++&&&&&??????”


要するに、サンクスギビングは毎年、11月の4週目の木曜日と決まってるのです。
日曜も、25日もかんけーなし!
(ちなみに今年は22日)


なぜ????アメリカ人の夫は忘れてしまうんでしょう、こんな大切な日。
私はしょうがない、アメリカ人じゃないし〜〜〜〜〜。



と、バタバタで買い物や準備をした今年です。
我が家は夫とわたしのふたりだけなので、テーブルに乗りきらないほどの
料理!とならないのが残念です・・
だって、ごはんはみんなで食べる方が断然おいしいですよね!

この日、調理場のボスはマイクでした。

まずはポテトとリークのスープ。

IMG_0431.jpg

リークは日本の下仁田ネギのような野菜です。
ねぎほど柔らかくはなりませんが、よく火を通すと甘みがすごい。

夫はこのスープのだしをまじめに鶏ガラでとりました。

IMG_0395.jpg

くどくならないように、クリームはタラリ程度にして
食事のスタートに合うようにしました。
なんちゃってこねぎ(チャイブ)をちらし、いい感じ。



名付けて秋のサラダ
IMG_0436.jpg

りんご、くるみ、ざくろを入れました。
ざくろはこんな感じ・・・甘くて酸っぱくて大好き。

全てをスライサーで超薄切りにして混ぜたもの。
山盛り食べられます。


メインはチキンにしました。
ターキーはあまりに大きく、焼くと4−5日食べ続けることになり
わたしは夢でうなされます。
今年はかわいらしく、チキンにして二日でなんとか食べ尽くそうという作戦。
(とは言ってもチキンは2.5キロでした)



肉担当者の夫が準備します。
チキンに詰めるのは、黒と白のワイルドライス、クランベリー
アップル、ベーコン、セロリ、オニオン、ハーブ。

IMG_0423.jpg


またここで笑ったのが、チキンにかけるタコ糸が行方不明でしかたなく足だけを
裁縫用の木綿糸でしばりました・・・だめ主婦でごめんね。どこいったんだろ・・・・タコ糸



皮と肉の間と表面にハーブバターを塗り
最初は中低温、最後に高温で焼き、いい色をつけました。

Before (焼く前)
IMG_0426.jpg

After (約1時間後、焼けた)
IMG_0429.jpg

15分くらいねかせて切ったらこんな
IMG_0430.jpg


な〜〜〜んとジューシーなお肉・・・・・


私は付け合わせの赤タマネギのグラタンを作りました。
IMG_0433.jpg

ちょっとクリーム入れ過ぎてくどくなったので、自己評価5.5/10 点



全部を盛りつけるとこんな感じなのですが
アメリカ人てきなサイズでは、胸肉ひとつがどーんとのるようです。
(わたしは胸肉のほうが好き)

IMG_0437.jpg


結果・・・・

ねこたちにチビチビお裾分けしつつ、がんばって食べました!
あ〜〜〜、わたしも若くないなー。
かつて深夜1時に焼き肉食べてたおんなとは思えない・・・・


Eyes are bigger than stomach = 思うほど食べられない



でも、さらにデザート。(別腹)

サンクスギビングディナーでは、パンプキンものが多いのですが
ちょっと軽めにしました。
(これでかい???)



洋梨とアーモンドのパイ
IMG_0405.jpg

初挑戦のフレンチデザート。
アップルパイの要領ですが、フルーツの下にラムと砂糖で練ったアーモンド粉が敷かれます。

砂糖を控えめにして、ラム(洋酒)を多めに入れました。
パイ生地はもっと軽くできてほしかったなー。


添えたのは、キャラメルアイスクリーム。
IMG_0460.jpg

プリンのときのキャラメルをこげる直前までにして、バニラアイスクリームを作り混ぜ込みます。
キャラメルを作るとき、煙が出てあせった・・・


で、二つをあわせるとこんな感じ
IMG_0443.jpg

どちらも砂糖控えめにしたので(アメリカのレシピ的にはという意味)
食べやすかったです。


なーんて、この写真は翌朝食です。
ペアパイとアイスクリームというがっつな朝食です。




さて、今夜は夕べの残り物を集めて冷蔵庫整理しなくっちゃ。



長くなってすみませんが、最後にひとつ・・・・

アメリカには信じられない数の飢えてる人たちがいるんです。
その中には子供たちもいるそうです。

先進国代表のようなアメリカでそういう社会の一面もあるとは
ここに来るまで知りませんでした。

そういう人たちのサンクスギビングデーを考えると
飽食状態で生きているのが恥ずかしいかも・・・・

せめて自分が買った食べ物は大切にしようと思うのです。

でも。。。。また、体重計が怖い・・・・・

アメリカではSサイズ、日本ではおそらくLサイズのわたしです。

いつものように最後まで読んで下さりありがとうございました。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


ホテルズドットコム

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)











この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Hana.Hira

Author:Hana.Hira
おいしい世界ブログへようこそ!
ブログ作成者のはなと申します。
このブログは、わたしが海外生活で次々出会う世界の“食”の探求ブログです。
食べたいと思いたったら吉日、運を天に任せてとりあえず手作りするのが好きです。アメリカ人の夫と二人で作る、奇妙で笑える料理がたくさんのってますよ〜。
応援よろしくお願いします。

文字を大きく・小さく

お好きなフォントサイズでお読みください

    検索BOX・タグ一覧
    最新記事
    カテゴリ
    おすすめのリンク
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    ブログに関しての皆様のコメントをメールでお送りください

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    つぶやき・・・最近気になってるもの

    7月2日 暑い日が続いてネコたちもぐったりのびてます。 クールマットで涼しくしてあげたいなとか・・・

    使ってくれないときは、私のお昼ねマットに なるかもしれない

    お知らせ
    アマゾンUSAガイド
    おいしい世界にあるもの
    TOEIC10問テストに挑戦

    START をクリック!


    ブロとも申請フォーム